TDホーム
RENOVATION

リノベーション施工実例

Y様邸 リノベーション

倉吉市の田園風景がそばに広がる住宅地にて工事。 築50年の母屋を改装させて頂きました。 暮らしてきた家族構成の大きな変化を機に、工事を決められました。子供たちがお孫様を連れて遊びに来てもいいようにバリアフリーにして、床、建具は無垢素材を選択。床、建具に塗った塗料はお孫様が誤って舐めてしまっても健康に害のない自然由来の物を使用しました。 シングルガラスサッシからペアガラスサッシに取り換えて断熱性を向上。和室続き間をLDKに生まれ変わらせる際に、和室と縁側の仕切りに使われていた雪見障子はあえて残し、和モダンな空間をより贅沢に感じて頂けるようにプランしました。 御予算を検討しながら必要最小限の解体工事を施し、耐震性向上の為に筋交い、補強金物を施させていただき、家の寿命を延ばし、このお家の『今まで』と『これから』を繋げる仕事をさせて頂きました。

BEFORE



引き違いの玄関サッシは断熱性能や防犯面で劣っていました。
経年劣化や地震の影響でタイルにひびが入っていました。
広い和室ですが普段使いする場所ではなくなっていました。
作り付けの仏壇や床の間を別の部屋に移します。
大きな床の間はもう必要がなくなっていました。
縁側のサッシが経年劣化の為、閉めても隙間が空いていました。
玄関と縁側に仕切りが無い為、室内温度が外気温度に左右されていました。
増設したトイレですが、使用しなくなっていました。
応接用の和室は納戸代わりになっていました。

AFTER



玄関サッシを新しくし、袖壁に新たに明り取りの窓を設けて陽の光が入る様になりました。
壁の飾り枠、式台、上がり框は以前の物を加工して再利用しました。
既設の階段はそのまま使用し、そのほかの床、壁、天井を新しくしました。
既設の階段が違和感なく雰囲気になじむようにしました。
車庫に近い位置に勝手口を設けて、家事動線を短くしました。廊下の奥まで光が入る様になりました。
ステンドグラス、鏡、手洗い器の組み合わせで、ラグジュアリーなトイレになりました。
雪見障子は再利用し、和モダンな空間になる様に工夫しました。
雪見障子を開けると手入れがなされた奇麗なお庭を眺めながらゆったりとした時間を過ごせるようになりました。
続き間をLDKに改装して広々した空間になりました。
縁側の一部を書斎スペースにしました。
洗面脱衣室はドライルームも兼ねて広めにしました。
 
I様邸 リノベーション

 境港市の閑静な住宅街での工事。祖父が残してくれた築50年の純和風平屋住宅にお孫様御家族が和モダンなリノベーションを施して入居。 サッシ交換や断熱材施工を施し気密性を、筋交い・補強金物を増やすことで耐震性を向上させて家の価値を高め、次の世代へとバトンタッチできるように工事をさせて頂きました。 畳の続き間と縁側、廊下を取り込み『24畳』の大きなLDKを配置することが出来ました。LDKの天井を折り上げにして、今まで小屋裏に隠れていた梁を魅せるように間接照明を施しました。 LDKと続き間に8帖の和室を設け造作障子引き戸を開け放つと、なんと『32帖』の大空間に。和室の天井をデザイン天井にして和モダンな空間を演出いたしました。 

BEFORE



建物正面の外観は、ブロック塀で視野を遮っていましたが閉鎖的な印象でした。
サッシはシングルガラスの為に断熱性が確保されていませんでした。
縁側には大きな開口部が取られており、耐力壁が確保できていませんでした。
和室の続き間には部屋の奥の方までは陽の光が入りにくいく、日中でも電気を付けておられました。
敷居など段差が多くありました。
玄関は家の顔ですが少しおとなしい印象でした。
門柱は残してブロック塀を撤去。管理が行き届きそうにない樹木も一部撤去して駐車スペースへ。
内部解体後に耐震性能を上げる為に筋交い、補強金物を入れていきます。
敷居や床の間等の段差部分をフラットにします。

AFTER



作り付けのPCスペースとTVボードを設置しました。棚板やTVボードは床材と同じ塗料を使用する事で雰囲気を整えました。
構造上、取れなかった柱が奥様の家事動線の邪魔にならないようにアイランドキッチンの位置を決めました。
フルフラットキッチンの為、奥様がキッチンでの作業中でもお子様への目配りが楽になりました。
L型のソファもゆったりと置くことが出来ます。
窓高を上げて庭を眺めやすくして季節を感じて頂けるように配慮しました。
カーポートを玄関前に新設。家の裏側に止めて、歩いて正面まで回る事で感じていたストレスを解消。雨も気にならなくなりました。
お子様と並んで作業が出来るPCスペースを設置。
玄関の上がり框と式台は風合いが良かったので再利用。一部壁面に床材とは異なる種類の無垢板を張る事でアクセントに。
玄関扉は引き違い戸から片引き戸に変更。片面が採光ガラスの物を選び、玄関が以前よりも明るくなりました。
和室は8帖のうち4.5帖は畳を敷きました。残りの部分はL字に板の間を作り、床の間や縁側の代わりに使用して頂けるようにしました。
日中はあまり光が届かなかった北側のスペースにも陽の光が届くようになりました。
 
K様邸 リノベーション

米子市の弓ヶ浜海岸からすぐそばの風情ある建物が多く建てられている住宅地での工事。 築60年の思い出のある家を解体して新築にするか、リノベーションを施すのか両方の見積もりを比べられて、リノベーションを選択されました。 屋根と柱だけ残してスケルトンにしてから、耐震性を高める為の基礎、土台、補強金物を施工しました。 階段も場所を変えて無垢素材の物を使用。 玄関を大きく広げて使いやすくし、ガラス面が大きな玄関サッシを採用して光を取り入れるように工夫しました。 屋根の棟瓦の補修と共に太陽光発電システムを設置されました。

BEFORE



断熱性能が低いシングルガラスサッシでした。
写真の手前側の平屋部分は今回減築しました。
続き間の和室をLDKへと模様替えしました。写真の手前に映っている手摺は再利用しました。

AFTER



 
F様邸 改修工事

米子市の商業団地内にある作業場兼住居のお宅の工事。 以前は作業場にしておられた空間にLDKや水回りを新設いたしました。 予算を抑える工夫として必要最小限の解体工事と再利用できるものは場所を変えて使用しました。

BEFORE



以前は工場として使用されておられた空間。

AFTER



キッチンの腰壁は通常より高くして、手元を隠すようにしました。工場の既設窓はそのまま残し内窓サッシを取り付け断熱性を上げました。
 
W様邸

W様邸のキッチン・ダイニングのリフォームです。
ビフォーアフターをご覧下さい。

BEFORE



AFTER



 
T様邸

T様邸のビフォー&アフターをご覧頂けます。

BEFORE



AFTER



 
 


当社がリフォーム・リノベーションを手掛けた施工実例をご紹介致します。